滞在拠点最寄りの商店に行く《去離住宿最近的小商店》


今日は坂の上に唯一存在するスーパーマーケットに行ってみた。
台北国際学舎から190mほど坂を上ると15階建て位の集合住宅が並んでいる。その内1棟の1階部分に頂好Wellcomeという名前の小さな商店が入っていた。

頂好Wellcome外観
画像 / Google

店の規模は小型のコンビニエンスストアだが中に入ると確かにスーパーマーケットの匂いがした。入り口を入ってすぐの所に野菜用の冷蔵庫があるのもコンビニと違う。他に客は一人もいなかった。間に合わせ程度の品揃えが黄ばんだ蛍光灯の光を受けてより一層野暮ったく映った。

ミニトマトが目に入った。これなら調理もいらず洗って直ぐに食べられる。1パックにかなりの数が入っていたが他に小さなサイズは見当たらない。

あとはパッションフルーツ味の緑茶と台湾版森永ミルクキャラメルを買って店を出た。隣町の家樂福の方が距離はあるが新鮮で値段も安い。余程の食糧危機に陥らない限り再びこの店に来る事はないだろう。


小番茄
《小番茄》
百香果
《百香果綠茶》
牛奶糖
《森永牛奶糖》


頂好Wellcome : 1987年に香港の恵康Wellcomeが台湾の頂好を買収して開業した24時間営業のスーパーマーケット。2020年カルフールに買収され閉業。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.