四日連続で弁当を注文してみた《連續四天點了便當》


台湾大学椰林大道

授業が始まって2週目に入ったばかりだが、のんびりと学生生活に浸っている暇は無い。台北国際学舎に入居したのは授業が始まる1週間前だ。取り敢えず30日間契約しただけなので、残り1週間強の内に滞在延長手続きをするか出ていくかしなければならない。

日本語で対応して貰える仲介業を通すのが一番簡単だが、扱っている物件は駐在員向けが殆どで月20000元以下は殆ど無い。今いる国際学舎が月9200元なので、それ位の家賃で学校の近くに住めればそれ以上の事は無いがそう上手く物事が運ぶかどうかは分からない。

駐在員向けの賃貸物件は予算を超えるので、台湾人が普通に行う賃貸物件の手順を模索していると一つのウェブサイトに辿り着いた。

591房屋交易網

このサイトは不動産の掲示板の様な物で、殆どの連絡先は大家に直接繋がる。仲介料が発生しないという利点があるが、その代りに交渉や手続きは全て自力で行なわなければならない。留学手続きも全て自力で行って来たので、家探しも経験を積むつもりで努力してみる。



学校からの帰り道は七張駅で捷運を降りる。そして不気味な人形の前を横切ってバスに乗り換える。

丘の上の住宅地に向かうバスは小さいので直ぐに席が埋まる。乗り降りが面倒な運転手の横の席まで人がいるという事は他に空席が無い事を表している。

台湾の路線バスは現金でも支払い可能だがお釣りが出ない。車内に両替機も無い。交通カードでの支払いが主流になりつつあるので現金払いの設備にこれ以上投資される事はこの先も無いだろう。


糖醋排骨便當

夕食はまた弁当にした。これで4日連続だ。今日は2日目の特別弁当で印象の良かった糖醋排骨便當を再び注文した。付け合せのおかずが前回とは異なっているので雰囲気が違っていた。どの弁当を頼んでも乳酸菌飲料が付いてくるのが面白い。学校給食のどんなメニューにも付き纏う牛乳の様な存在だろうか。


初回の糖醋排骨便當

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.