街中にジューススタンドが五萬とある國《路上有很多果汁店的國家》


百香果

パッションフルーツが巷に溢れているのが嬉しくて堪らない。沖縄旅行のお土産に加工品を貰う位しか縁が無かった遠い南国の果物。デパートの生搾りジュースだとグラス1杯1000円もする高嶺の花。日本で高級なジュースも台湾では道端のジューススタンドで100元出せばお釣りが来る。

甘酸っぱい独特の芳香が口いっぱいに広がる至福。漢字では百香果と書く。太いストローで吸い上げると種を含んだ果肉が次々とやって来る。種ごと食すのが台湾流らしいのでバリバリと噛み砕けばまるで西瓜の種の様な食感を感じるものの西瓜の種程の青臭さは感じない。

1000円のパッションフルーツジュースは人生で一度だけ飲ませて貰った事がある。その時は種が綺麗に濾し取られていたので、これがこんなに種の存在感を伴う飲み物であるとは知らなかった。とは言えこの高貴な風味は何ものにも代え難い。


街中で見かけた日本語の看板と本日の夕食


国際学舎契約満了まであと5日という所で何とか徒歩通学圏内に賃貸物件を見つける事が出来た。探し始めて10日で契約まで漕ぎ着けたが、こんな作業はもう二度としたくないというのが本音だ。

不動産知識の無い人間が自力で家を探すというのは想像より遥かに面倒臭い作業だった。そのお陰で授業に身が入らない状態が暫く続いていたが、これでようやく中國語に集中出来る環境が整った。

大家の計らいで契約開始日の前から部屋を使って良いそうなので、早速この週末2日間を利用して新居を徹底的に清掃する。これまで土足が解禁されていた部屋だが今後は靴を脱いで過ごせる様に床を磨く。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.