二十四節気 〜季節を表す美しい言葉〜

二十四節気 [Èr shí sì jié qì] (にじゅうしせっき)

古代中國、秦の時代以前に確立した季節を表す暦です。
太陽の動きを基準に、1年を24等分して季節を区別します。

暦の季節

日本では二十四節気が季節感と一致しないと感じる場面があります。
立春を過ぎてもまだまだ寒かったり、立秋の後もクーラーが欠かせないといった状況です。

旧暦(農暦)と新暦(西暦)には約1ヶ月のずれがあります。
月の満ち欠けを基準とする暦と、太陽の位置を基準とする暦で日数に差があるためです。

農暦は新月を月初めとします。すると354日で12ヶ月に達します。しかし地球は365日掛けて太陽を周回するので、短い12ヶ月のままでは季節がどんどんずれていきます。そこで時々閏月という方法を使い1年を13ヶ月にして季節のずれを修正します。



二十四節気と西暦はどちらも太陽暦なので完全に一致しても良さそうですが、実際には太陽の位置と地表の温度変化には時間差があります。
夏至が近づいて太陽光を受ける時間が長くなっても、平均気温が年間最高点に達するまでには時間が掛かるからです。
なので気象学では平均気温を基準として3月から春と定義しています。

旧暦月
(農暦)
正、二,三四、五,六七、八,九十、十一,十二
新暦月
(西暦)
2,3,45,6,78,9,1011,12,1
気象学定義3,4,56,7,89,10,1112,1,2

本来七夕は天候の安定した秋の行事でした。しかし日本では季節を無視して日付を農暦七月七日から西暦7月7日へ移行しました。その結果、大気が不安定な梅雨の時期と重なり綺麗な星空が見えにくい状態になっています。そればかりでなく星の見え方も秋と夏では異なります。



zhongyuan

また日本列島は南北に長いので、二十四節気発祥地である中國の中原 (河南省、黄河中下流域、北緯34°50′付近) と比べると緯度に幅があるので季節が異なる地域が多く存在します。

ちなみに台北は北緯25°2′であるにも関わらず、二十四節気は季節とおおよそ一致していると感じます。立春を過ぎればどんどん暖かくなってきますし、立冬を過ぎてようやく上着が必要な季節になります。


とはいうものの、日本で「暦の上では」という表現が現在でも使われ続けている様に、二十四節気という物が四季の移ろいを端的に説明した美しい暦の一つである事に変わりはありません。



二十四節気


24jieqi


春季

2月

lichun

[Lì chūn]
立春 (りっしゅん)

第1番目の節気です。
毎年2月4日頃、太陽が黄経315°に到達する時を指します。
「立」は開始を意味するので、「立春」は春の始まりという意味です。
この日から立夏を迎えるまでが暦の上での春です。

・農暦では春節とも呼ばれ、一年の始まりになります。



yushui

[Yǔ shuǐ]
雨水 (うすい)

第2番目の節気です。
毎年2月19日頃、太陽が黄経300°に到達する時を指します。
天候が不安定で降雨量が増加する時期で「雨水」は雨が多いという意味です。



3月

jingzhe

[Jīng zhé]
啓蟄 (けいちつ)

第3番目の節気です。
毎年3月6日頃、太陽が黄経345°に到達する時を指します。
暖かくなり春の雷が鳴る時期です。
「啓」は開く、「蟄」は冬眠を意味するので、「啓蟄」は土壌の中で冬眠していた虫や動物が活動を始めるという意味です。

中國でも漢代以前は啓蟄と表記していました。しかし、前漢第6代皇帝の諱 [いみな] (本名) と被る為、同音の驚という字が当てられました。その後も慣習的に当て字が使用されています。日本では渋川春海による貞享の改暦 (1685) の際に本来の字へ戻されました。


chunfen

[Chūn fēn]
春分 (しゅんぶん)

第4番目の節気です。
毎年3月20日頃、太陽が黄経0°に到達する時を指します。
昼夜の長さがほぼ等しくなる日で、「春分」は春の時期の昼と夜の長さが入れ替わる分岐点という意味です。

・日本は祝日になりますが、台湾は平日です。




4月

qingming

[Qīng míng]
清明 (せいめい)

第5番目の節気です。
毎年4月5日頃、太陽が黄経15°に到達する時を指します。
全ての物が成長する時期で、「清明」はそれらが清く明るいという意味です。

・台湾では清明に先祖の墓参りをする習慣があります。日本でも沖縄など一部の地域で行われます。



guyu

[Gǔ yǔ]
穀雨 (こくう)

第6番目、春最後の節気です。
毎年4月20日頃、太陽が黄経30°に到達する時を指します。
温暖な気温と十分な降雨量で、「穀雨」は穀物の成長に役立つ雨という意味です。



夏季

5月

lixia

[Lì xià]
立夏 (りっか)

第7番目の節気です。
毎年5月5日頃、太陽が黄経45°に到達する時を指します。
「立」は開始を意味するので、「立夏」は夏の始まりという意味です。
この日から立秋を迎えるまでが暦の上での夏です。


xiaoman

[Xiǎo mǎn]
小満 (しょうまん)

第8番目の節気です。
毎年5月21日頃、太陽が黄経60°に到達する時を指します。
夏になり作物が実り始めて、「小満」は少し満たされるという意味です。



6月

mangzhong

[Máng zhòng]
芒種 (ぼうしゅ)

第9番目の節気です。
毎年6月6日頃、太陽が黄経75°に到達する時を指します。
雨季になり湿度も高くなる時期で、「芒種」は (のぎ) を持つ植物の種を蒔く時という意味です。


xiazhi

[Xià zhì]
夏至 (げし)

第10番目の節気です。
毎年6月21日頃、太陽が黄経90°に到達する時を指します。
高い気温と高い湿度で雷雨も多い時期です。
昼の長さが一年で一番長くなる日で、「夏至」は夏の中間に達したという意味です。



7月

xiaoshu

[Xiǎo shǔ]
小暑 (しょうしょ)

第11番目の節気です。
毎年7月7日頃、太陽が黄経105°に到達する時を指します。
日照時間が増えた事で気温が上昇する時期で、「小暑」は暑さの始まりという意味です。


dashu

[Dà shǔ]
大暑 (たいしょ)

第12番目、夏最後の節気です。
毎年7月23日頃、太陽が黄経120°に到達する時を指します。
雨季が明け本格的な暑さが続く時期で、「大暑」はとにかく暑いという意味です。



秋季

8月

liqiu

[Lì qiū]
立秋 (りっしゅう)

第13番目の節気です。
毎年8月7日頃、太陽が黄経135°に到達する時を指します。
「立」は開始を意味します。なので「立秋」は秋の始まりという意味です。
この日から立冬を迎えるまでが暦の上での秋です。


chushu

[Chù shǔ]
処暑 (しょしょ)

第14番目の節気です。
毎年8月23日頃、太陽が黄経150°に到達する時を指します。
暑気が後退する時期です。
「處」は停止を意味するので、「處暑」は暑さが退くという意味です。



9月

bailu

[Bái lù]
白露 (はくろ)

第15番目の節気です。
毎年9月8日頃、太陽が黄経165°に到達する時を指します。
朝晩涼しさを感じ始める時期です。五行説において秋は金に属します。金色は白とも表現されるので、「白露」は秋の露という意味です。


qiufen

[Qiū fēn]
秋分 (しゅうぶん)

第16番目の節気です。
毎年9月23日頃、太陽が黄経180°に到達する時を指します。
昼夜の長さがほぼ等しくなる日で、「秋分」は秋の時期の昼と夜の長さが入れ替わる分岐点という意味です。

・日本は祝日になりますが、台湾は平日です。



10月

hanlu

[Hán lù]
寒露 (かんろ)

第17番目の節気です。
毎年10月8日頃、太陽が黄経195°に到達する時を指します。
寒気が南下し昼夜の気温差が大きくなる時期で、「寒露」は寒さによる結露の意味です。


shuangjiang

[Shuāng jiàng]
霜降 (そうこう)

第18番目、秋最後の節気です。
毎年10月23日頃、太陽が黄経210°に到達する時を指します。
空気が冷え秋深まる時期で、「霜降」は冷気が降りてくるという意味です。



冬季

11月

lidong

[Lì dōng]
立冬 (りっとう)

第19番目の節気です。
毎年11月7日頃、太陽が黄経225°に到達する時を指します。
「立」は開始を意味するので、「立冬」は冬の始まりという意味です。
この日から立春を迎えるまでが暦の上での冬です。


xiaoxue

[Xiǎo xuě]
小雪 (しょうせつ)

第20番目の節気です。
毎年11月22日頃、太陽が黄経240°に到達する時を指します。
寒さと降水量が増す時期で、「小雪」は雪が降り始めるという意味です。



12月

daxue

[Dà xuě]
大雪 (たいせつ)

第21番目の節気です。
毎年12月7日頃、太陽が黄経255°に到達する時を指します。
気温の低下が顕著で降水量も増える時期で、「大雪」は雪がたくさん降るという意味です。


dongzhi

[Dōng zhì]
冬至 (とうじ)

第22番目の節気です。
毎年12月22日頃、太陽が黄経270°に到達する時を指します。
昼の長さが一年で一番短くなる日で、冬の中間に達したという意味です。



1月

xiaohan

[Xiǎo hán]
小寒 (しょうかん)

第23番目の節気です。
毎年1月5日頃、太陽が黄経285°に到達する時を指します。
日照時間が短い事で気温の低下が著しい時期で、「小寒」は本格的な寒さの始まりという意味です。


dahan

[Dà hán]
大寒 (だいかん)

第24番目、冬最後の節気です。
毎年1月20日頃、太陽が黄経300°に到達する時を指します。
気温が低く積もった雪が溶けない時期で、「大寒」はとにかく寒いという意味です。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.