台湾台北市内に潜む大陸の影《台北的小中國》


台湾台北に隠された秘密に迫るページです。

『台湾台北市内の幹線道路は東西と南北に整理されている』では日本と台湾の街区画の違いを紹介しましたが、ここでは台北の真実をもう一つ紹介します。

フールー
フールー

どんな秘密かな・・・


中国と台北の地図を比較する

こちらは中国大陸の地図です。

赤字は地名です。

中国大陸の都市

【庫倫】[Kùlún] : ウランバートル (モンゴルの首都)
【迪化】[Dí huà] : ウルムチ (新疆ウイグル自治区の都市)
【哈密】[Hāmì] : クムル (新疆ウイグル自治区の都市)
【西藏】[Xīzàng] : チベット自治区

※中国国民党が主張する領土を基本としている為にモンゴルやチベットも含まれています。


こちらは台北市内中心部の地図です。

赤字は通りの名前です。

台北市内の道路名

台北市内の道路の名前には、中国の地名が使われています。

それだけでなく、位置関係が中国大陸の地理と同じというこだわりよう。

中国大陸を縮尺して台北市内にはめ込んだようになっています。

箱庭的発想だな。

モーサ
モーサ

台北に小中国ができた経緯

それは第二次世界大戦直後のことです。

当時中国大陸を支配していた中国国民党は、日本から台湾を接収しました。

そして、日本がそれまで使用していた台北の町割りを変更しました。

通りの名前に中国大陸の地名を使うというアイデアは、接収隊に属していた上海の建築師によるものとされています。

しかし、「西門町」だけは一大繁華街であった為に例外的に残されました。

今でも通称として使われています。

フールー
フールー

西門町は今でも賑やかな場所だね。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.