台湾台北市内に潜む大陸の影《台北的小中國》


台湾台北に隠された秘密に迫るページです。

『台湾台北市内の幹線道路は東西と南北に整理されている』では日本と台湾の街区画の違いを紹介しましたが、ここでは台北の真実をもう一つ紹介します。


中国と台北の地図を比較する

まず中国大陸の地図を見てみます。

中国大陸の都市

【庫倫】[Kùlún] : ウランバートル (モンゴルの首都)
【迪化】[Dí huà] : ウルムチ (新疆ウイグル自治区の都市)
【哈密】[Hāmì] : クムル (新疆ウイグル自治区の都市)
【西藏】[Xīzàng] : チベット自治区

※中国国民党が主張する領土を基本としている為にモンゴルやチベットも含まれています。


次に台北市内中心部の地図がこちらです。

台北市内の道路名

2つの地図を見比べて何かお気付きになりましたか。


台北に隠された秘密

台北市内のあちこちに存在する道路の名前ですが、これらは中国に全く同じ地名が存在します。

それだけでなく位置関係までもが中国の都市分布と同じになっているのです。
まるで中国大陸を縮尺して台北市内にはめ込んだ様です。

第二次世界大戦直後、中国国民党は日本から台湾を接収しました。その際に首都台北の町割りをそれまで日本が使用していたものから変更しました。国民党による道路名は接収隊に属していた上海の建築師が命名したとされます。

「西門町」は例外的に日本統治時代から一大繁華街であった為に今でも通称として残っています。


以上、台北には中国大陸が隠されているというお話でした。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.