台湾四大伝統節句3: 端午節 [Duān wǔ jié]


台湾四大伝統節句のひとつであり、夏最大の節句でもある「端午節」について理解を深めるページです。

duanwu

端午節とは

旧暦の五月五日無病息災を祈祷する日で、夏最大の節句です。


端午節の由来

・古代より五月五日は疫病を司る神々 (五福大帝 [Wǔ fú dà dì]) へ伝染病の流行を遠ざける祈りを捧げる日とされています。

・五月五日の旧暦表記「午初五 (午端五)」が端午へ変化したと考えられています。

・戦国時代からは楚の官僚 (詩人) 屈原 [Qū yuán] の命日として記念されるようになりました。


端午節の習慣

・邪気を払う。

・ガジュマル、ヨモギ、レモングラスなどを玄関に吊るす。(虫除け→魔除け)

・漢方薬入りの香包 [Xiāng bāo] を身に付ける。(風邪予防)

・滋養のある粽子 [Zòng zi] を食す。(夏の栄養補給)

・立蛋 [Lì dàn] : 午の刻 (正午) に卵を地面に垂直に立たせられると良いとされる運試し。

・扒龍舟 [Bā lóng chuán] : 龍の装飾が施された舟を漕ぐ。(屈原の伝説に由来)


総括

・端午節は古来より無病息災の祈祷日として存在していた。

・後に屈原の伝説が有名になり現代へと継承されている。

・「こどもの日」ではない。


△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.