關聖帝君籤 第十首 下下

冉伯牛染病(故事)

(詩)
病患時時命蹇衰:病や患いは時の定めだが
何須打瓦共鑽龜:占い等に頼る必要はない
直教重見一陽復:悪しき習慣を正せば回復
始可求神仗佛持:その後で神に祈れば良い

復■後


【解】(解説)
旡妄過凶災:戯言は災いを呼ぶ
陰人口舌來:噂がまた噂を呼ぶ
一亦生日後:誕生日を過ぎれば
漸漸福緣開:段々と笑顔が戻る

過■遇
亦■交
福緣■笑顏


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.