關聖帝君籤 第十八首 中平

孟嘗君招賢(故事)

(詩)
知君指擬是空華:計画は多いがどれも実現不可能
底事茫茫未有涯:時間が経つに連れ無意味になる
牢把腳根踏實地:地に足を付けて踏み固めるべき
善為善應永無差:善い行いには必ず報いが訪れる


【解】(解説)
本分兩字到處諧:本来安泰はどこにでもある
虧為妄想便生災:妄想の為に災いが発生する
財源未遂徒勞力:財は労働無くして得られず
且宜向善保亨來:善行を積めば円満が訪れる

兩字■安常


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.