關聖帝君籤 第二十四首 中平

張騫誤入斗牛宮(故事)

(詩)
一春萬事苦憂煎:春は全てに憂苦する
夏裏營求始帖然:夏は順調に成り始め
更遇秋成冬至後:秋が過ぎて冬の後に
恰如騎鶴與腰纏:驚きの結果を迎える


【解】(解説)
如舟上高灘:舟上で高波に遭う如く
險後得平安:危険の後に平安を得る
勞心勤苦過:仕事には苦労が伴うが
財氣不艱難:金運は決して悪くない

如舟■舟楫


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.