關聖帝君籤 第三十首 中吉

柳毅傳書(故事)

(詩)
奉公謹守莫欺心:法を守り良心や自然に反さぬなら
自有亨通吉利臨:自然と良い事が降臨し全ては順調
目下營求且休矣:目下やりたい事は一旦停止すべき
秋期與子定佳音:秋にその事に関し良い知らせあり


【解】(解説)
先難後易莫相欺:初め難く後に易い欺くなかれ
謀望營為秋得宜:望んだ物事は秋に結果を得る
謹守定應多福祿:秩序を守れば必ず幸運を得る
且須從緩待其時:焦らず時が至るのを待つべき


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.