關聖帝君籤 第三十二首 下下

周公解夢(故事)

(詩)
勞心汨汨竟何歸:何の為に心配し続けているのか
疾病兼多是與非:何かの病気ではないのかどうか
事到頭來渾似夢:結局の所は夢の様な物である故
何如休要用心機:そんなに労力を使うのは何故か


【解】(解説)
謀望事多嗟:望む事が多い程良くない
徒勞心力賒:無駄な労力を費やすだけ
若求婚與利:利益を求めて求婚すれば
口舌見交加:絶えず口論になるだろう

嗟■差


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.