關聖帝君籤 第三十五首 下下

王昭君和番(故事)

(詩)
一山如畫對清江:清らかな山水は絵の如く
門裏團圓事事雙:家庭円満に打ち解け合う
誰料半途分折去:予期せぬ事が分裂を生み
空幃無語對銀缸:孤独な静寂に栄華が映る


【解】(解説)
始終未必不貪圖:終始欲深くてはならない
到底須知力枉勞:知恵を絞り努力をすべき
設得十分奇巧計:類を見ない計画を立てよ
卻防中路被風濤:危険に遭遇するのを防ぐ

始圖■漫誇根蒂自堅牢
防■妨


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.