關聖帝君籤 第三十七首 中平

邵堯夫祝香(故事)

(詩)
焚香來告復何辭:香を焚き神に何を尋ねるのか
善惡平分汝自知:汝は善と悪を既に弁えている
屏卻昧公心裏事:心中の悪い部分を取り除けば
出門無礙是通時:どこへ向かうも障害なく順調


【解】(解説)
爾欲陷人而自陷:仕掛けた罠に自分が掛かる
欺心暗裡鬼神知:疑いの心は妄想を生み出す
若能改善求天福:改心し天の恵みを求めれば
轉禍為祥事事宜:災難は良い出来事へ変わる

爾而■計終


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.