關聖帝君籤 第三十八首 下下

孟姜女思夫(故事)

(詩)
蛩吟唧唧守孤幃:蟋蟀の声を聞き独り暮らす
千里懸懸望信歸:遠くの知らせを待ちながら
等得榮華公子到:栄華の到来を夢見ていても
秋冬括括雨靡靡:秋冬の冷たい雨に夢覚める


【解】(解説)
不宜問事不宜行:聞かぬが吉はやらぬも吉
九日常憂十日驚:九日憂えば十日も怯える
一段榮華如一夢:一時の栄華は只夢の如し
翻來覆去總無情:取り繕うも全ては無慈悲


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.