關聖帝君籤 第五十二首 上吉

匡衡夜讀書(故事)

(詩)
兀坐幽居歎寂寥:孤独に暮らすのは寂しい
孤燈掩映度清宵:灯りだけが夜を共にする
萬金忽報秋光好:黄金の知らせが秋に輝く
活計扁舟渡北朝:生活は北の方で安定する

萬■黃


【解】(解説)
險阻之間卻似流:危険の前には予兆あり
此心憂處不成憂:憂いを憂いとはさせず
文書得力消多少:良い知らせが援護する
自有容顏作話頭:人柄は運気を左右する


幾載青雲志未酬。此心憂處不成憂。
庚辛得遇真知己。破浪乘風作勝遊。


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.