關聖帝君籤 第八首 上上

大舜耕歷山(故事)

(詩)
年來耕稼苦無收:何年耕しても不作が続く
今歲田疇定有秋:今年は結果が実を結ぶ時
況遇太平無事日:太平無事な日巡りにあり
士農工賈百無憂:身分を問わず憂いは無し


【解】(解説)
時否今逢泰:今は昔より安泰な時
尤當要守成:終始辛抱強く耐えて
不論貧與富:境遇の差は語らない
自此盡通亨:この先は順調になる


昔否今逢泰。謀為耐始終。
休論貧與富。從此盡亨通。


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.