關聖帝君籤 第八十四首 中平

須賈害范雎(故事)

(詩)
箇中事緒更紛然:物事には様々な見方がある
當局須知一著先:人より先を読む必要がある
長舌婦人休酷聽:他人の戯言には耳を貸さず
力行禮義要心堅:礼儀と正義を常に実践する

箇中■君家


【解】(解説)
雨下相謀要見他:数多の謀り事を見抜く必要
更然未可便平和:未然に防げれば全てが平和
若從音信求安靜:通知が煩わしく感じるなら
只恐將來事轉多:将来は更に苦労するだろう


理煩治劇有先幾。莫聽纔言是與非。
任爾風濤千萬狀。漁翁穩坐釣魚磯。


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.