關聖帝君籤 第九十三首 中平

邵康節定陰陽(故事)

(詩)
春來雨水太連綿:春になり雨が降り続く
入夏晴乾雨又愆:夏になっても繰り返す
節氣直交三伏始:夏至を過ぎ庚の頃には
喜逢滂沛足田園:田畑は十分潤うだろう

太■大
■(三伏指夏至後第三庚為初伏。第四庚為中伏。立秋初庚為末伏)


【解】(解説)
舉意方濃卻未成:意気揚々だと成功しない
百般阻滯隔人情:数多の方法で阻止される
直須忍耐毋求速:急がずに耐える事が必須
至否之中有泰亨:逆境の中に道筋が見える


雨後久晴晴又雨。吉凶反覆皆如此。
艱危正值倒懸時。恰有天緣方在邇。


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.