關聖帝君籤 第九十四首 中平

提結過長者門(故事)

(詩)
一般器用與人同:道具選びと人間関係は同じ
巧斲輪輿梓匠工:良い道具は良い職人を選ぶ
凡事有緣且隨分:全ては縁によって出逢う事
秋冬方遇主人翁:秋冬来れば望む人と出逢う

(斲指砍削)


【解】(解説)
說道惺惺勝別人:他人より優れるとは思うな
奈何由命不由身:大抵は思い通りにならない
時來方許成謀事:時が来れば望みは達成する
若要亨通候吉辰:順調が必要なら好日を待て


莫道惺惺勝別人。諸般由己不由人。
安常守分藏吾技。待有遭逢愜主賓。


△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.