観世音霊籤 第十首

秦昭王連城求趙璧(故事)

(詩)
櫝藏無價寶和珍:価値無き玉と宝を集め揃える
只管他鄉外處尋:ただ外の世界を探し回るのは
好似將燈來覓火:灯を用いて火を探すような事
不如安靜莫勞心:それより静かに心労を避ける


【解】(解説)
機緣若遇:もし機会と縁が訪れても
何事不成:何事も成し遂げられない
春無限前似真:春は無限に続くと思い違う
此籤  :この籤を得る者は
將燈覓火之象:灯を用いて火を探すのと同じ状態
凡事自就:全ては自ら成し遂げるしかない


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :(難しい)
婚姻(結婚)  :(条件を満たす)
求財(金運)  :(難しい)
自身(心体状態):(安泰)

家宅(家、家庭):欠利(利益に欠く)
六畜(家畜)  :難養(育てるは難し)
田蠶(田畑養蚕):秋吉(秋に良し)
尋人(尋ね人) :(見つかる)

行人(旅、外出):(動け)
六甲(子供)  :生女(女を授かる)
山墳(先祖墓) :(安定)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):設送(祓及び祈祷)
失物(紛失物) :難見(見つけ難し)
移徙(転居移転):守舊(保守)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.