観世音霊籤 第三十二首

常何薦馬周(故事)

(詩)
渺渺前途事可疑:遙か先に起こる事は疑わしい
石中藏玉有誰知:石に埋まる玉を誰が知るのか
一朝良匠分明剖:先ず巨匠が分析し明確化する
始覺其中碧玉奇:そして初めて玉の価値を知る


【解】(解説)
玉在石中:玉が石の中にある
匠手可知:匠の手には分かる
直待剖出:取り出されるのを只待ち
真可施為:本物であれば加工できる
此籤  :この籤を得る者は
石中剖玉之象:石の中の玉を探る状態
凡事著力可成:全て尽力して成功する


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :(阻まれる)
婚姻(結婚)  :(形を成す)
求財(金運)  :勞力(労働)
自身(心体状態):(安泰)

家宅(家、家庭):平平(普通)
六畜(家畜)  :(栄える)
田蠶(田畑養蚕):晚成(遅く形を成す)
尋人(尋ね人) :(見つかる)

行人(旅、外出):(暗く判明せず)
六甲(子供)  :(何もなし)
山墳(先祖墓) :(改めよ)
訟詞(争い事) :(驚く)

疾病(健康疾病):欠安(安泰に欠く)
失物(紛失物) :西方(西方にあり)
移徙(転居移転):(改めよ)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.