観世音霊籤 第三十三首 中中

鮑叔進管仲(故事)

(詩)
石藏美玉在中心:石の中心に美しい玉が埋まっている
得指何須向外尋:手が届くかどうか誰かへ尋ねるのか
直待高人來剖析:徳の高い人に直接分析を依頼すべき
恰如靈雨滌煩襟:まるで聖なる雨が心の曇りを洗う様


【解】(解説)
珍玉內藏:価値ある玉が中に埋まる
不須求覓:探し尋ね回る必要はない
若遇貴人:もし恩人に遭遇できれば
事又得吉:事は更に良くなるだろう
此籤  :この籤を得る者は
珍玉內藏之象:美しい価値が埋まっている状態
凡事忍耐守舊則吉:全てに耐え保守的でいれば良し


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :(遅れる)
婚姻(結婚)  :(すぐ成立)
求財(金運)  :待時(待つ時)
自身(心体状態):(安泰)

家宅(家、家庭):祈保(祈れば加護あり)
六畜(家畜)  :(栄える)
田蠶(田畑養蚕):半熟(機は熟さず)
尋人(尋ね人) :(苦労する)

行人(旅、外出):(阻まれる)
六甲(子供)  :生男(男を授かる)
山墳(先祖墓) :宜改(改めるべき)
訟詞(争い事) :(放置)

疾病(健康疾病):遇良醫(良き医者に逢え)
失物(紛失物) :北方(北方にあり)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.