観世音霊籤 第三十六首 上上

劉先主進葭萠關(故事)

(詩)
目前病訟不須憂:眼の前の厄介な争いを憂う必要はない
實地資財儘可求:実際は尽力して富を得ることが出来る
恰好繫猿今脫鎖:繋がれた猿が今鎖を抜け出すかの様に
得歸仙洞去來遊:仙人の住む場所へ遊びに行き来出来る


【解】(解説)
脫除心事:悩み事を脱ぎ捨てれば
且自寬舒:とりあえず気楽になる
待他時至:時が至るのを只待てば
路達通衢:小路は大道へと繋がる
此籤  :この籤を得る者は
繫猿脫鎖之象:繋がれた猿が鎖を解く状態
凡事通泰:全ては順調に通ずる


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :待時(待つ時)
婚姻(結婚)  :未成(未だ形を成さず)
求財(金運)  :大利(大利益)
自身(心体状態):(安泰)

家宅(家、家庭):不安(安泰でない)
六畜(家畜)  :(安定)
田蠶(田畑養蚕):十足(十分満足)
尋人(尋ね人) :(至る)

行人(旅、外出):(至る)
六甲(子供)  :祈保(祈れば加護あり)
山墳(先祖墓) :(良し)
訟詞(争い事) :有理(意味を成す)

疾病(健康疾病):欠安(安泰に欠く)
失物(紛失物) :(遠くにあり)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.