観世音霊籤 第三十八首 中平

淮陰侯背楚歸漢(故事)

(詩)
鏡月當空出匣時:鏡の様な月が空に現れる時
剎那雲霧暗迷離:瞬時に雲と霧が立ち惑わす
寬心守待浮雲散:広い心で雲が散るのを待つ
更改相宜可望為:手段を変えれば望みは叶う


【解】(解説)
家居無憂:家にいれば災いなし
人口陰災:人の口こそ災である
作福保祏:先祖を祀れば福を生む
又恐破財:財産を失う恐れもある
此籤  :この籤を得る者は
浮雲遮月之象:空に浮かぶ雲が月を遮る状態
凡事守舊待時:全て元の決まりを守り待つ時


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :待時(待つ時)
婚姻(結婚)  :難合(合意得難し)
求財(金運)  :(難しい)
自身(心体状態):祈保(祈れば加護あり)

家宅(家、家庭):不安(安泰でない)
六畜(家畜)  :(損する)
田蠶(田畑養蚕):(損する)
尋人(尋ね人) :(遭遇)

行人(旅、外出):(阻まれる)
六甲(子供)  :(惑わされるが何もなし)
山墳(先祖墓) :宜修(適切)
訟詞(争い事) :(和解)

疾病(健康疾病):延安(長く安泰)
失物(紛失物) :(何もなし)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.