観世音霊籤 第五十四首

呂仙枕黃梁未熟(故事)

(詩)
夢中得寶醒來無:夢で得た宝は目覚めれば無くなる
應說巫山只是虛:伝説の山も只の虚構なのであろう
苦問婚姻並病訟:婚姻病訴訟の受け入れ難い問題も
別尋生路得相宜:別の有意義な道を探すべきである


【解】(解説)
如水中月:水の中の月が如く
形影長短:伸びたり縮んだり
皆由分定:皆一定だとしたら
何必商量:議論の余地はない
此籤  :この籤を得る者は
夢中得寶之象:夢の中で宝を得た状態
凡事多虛少實:全て虚構が多く価値は少ない


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :(難しい)
婚姻(結婚)  :待時(待つ時)
求財(金運)  :(阻まれる)
自身(心体状態):謹防(注意深く守れ)

家宅(家、家庭):欠安(安定に欠く)
六畜(家畜)  :不利(不利益)
田蠶(田畑養蚕):(停滞)
尋人(尋ね人) :(見つかる)

行人(旅、外出):(遅れる)
六甲(子供)  :祈保(祈れば加護あり)
山墳(先祖墓) :不安(安泰でない)
訟詞(争い事) :虧(損失)

疾病(健康疾病):求神保(加護を求め)
失物(紛失物) :(空虚)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.