観世音霊籤 第五十八首 中中

羅隱歸咎越王(故事)

(詩)
忠言善言君須記:忠告や有益な助言は覚ておく
莫向他方求別藝:他方へ別の技術を求むなかれ
勸君安守舊生涯:元の生き方を守る事を勧める
除卻有餘都不是:残る全てが違う場合を除いて


【解】(解説)
得往且往:進むべき方向に進むべき
可往舊路:古い道を進む事も出来る
溫故知新:復習を通じて新たに知る
莫求別路:別の道を求めなくて良い
此籤  :この籤を得る者は
守舊生涯之象:元の生き方を守るべき状態
凡事不可妄為:全て勝手な行動はいけない


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :(形を成す)
婚姻(結婚)  :(阻まれる)
求財(金運)  :(良し)
自身(心体状態):欠利(利益に欠く)

家宅(家、家庭):平安(平穏無事)
六畜(家畜)  :(損する)
田蠶(田畑養蚕):五分(五割)
尋人(尋ね人) :(見つかる)

行人(旅、外出):(遅れる)
六甲(子供)  :(驚く)
山墳(先祖墓) :(改めよ)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):欠安(安泰に欠く)
失物(紛失物) :(不吉)
移徙(転居移転):守舊(保守)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.