観世音霊籤 第六十首

先主連營(故事)

(詩)
抱薪救火火增烟:薪を抱え火を消せば火は増すばかり
燒卻三千及大千:三千の消失だったのが何千へも及ぶ
若問營謀併出入:もし損得勘定している暇があるなら
不如收拾莫憂燃:片付けて出火の心配を無くすべきだ


【解】(解説)
總有千般:色々な事件が起こりうる
一旦皆休:一旦起こると皆停止する
安心守舊:元の決まりを守れば心が安定
維得無憂:心配無縁の状態を維持出来る
此籤  :この籤を得る者は
抱薪救火之象:間違った方法で処理する状態
凡事守舊則吉:全て元の決まりを守れば良し


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :(難しい)
婚姻(結婚)  :不合(条件を満たさず)
求財(金運)  :(僅か)
自身(心体状態):祈保(祈れば加護あり)

家宅(家、家庭):(不吉)
六畜(家畜)  :(損する)
田蠶(田畑養蚕):不利(不利益)
尋人(尋ね人) :(暗く判明せず)

行人(旅、外出):(停滞)
六甲(子供)  :(危険)
山墳(先祖墓) :(安定)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):有驚(衝撃あり)
失物(紛失物) :西方(西方にあり)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.