観世音霊籤 第六十四首

石崇被害(故事)

(詩)
譬若金鱗放碧漪:例えば池に放たれた魚
暗遭羅網四邊圍:密かに四辺を網で囲む
思量無計翻身出:考えても逃げ道はない
命到泉關苦獨悲:命は泉で尽き孤独な苦


【解】(解説)
身居塵內:塵埃の中に身が置かれる
禍自天來:災難が天より降り掛かる
早須防備:早めに備え防ぐ必要あり
免受其災:他の災いを受けない為に
此籤  :この籤を得る者は
魚遭羅網之象:魚が網に遭遇する状態
凡事提防陷害:全ては陰謀に注意せよ


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :中平(いつも通り)
婚姻(結婚)  :不合(条件を満たさず)
求財(金運)  :(何もなし)
自身(心体状態):(危険)

家宅(家、家庭):(不吉)
六畜(家畜)  :(減少)
田蠶(田畑養蚕):(損する)
尋人(尋ね人) :(暗く判明せず)

行人(旅、外出):有阻(阻むものあり)
六甲(子供)  :(驚く)
山墳(先祖墓) :(改めよ)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):災險(災い危険)
失物(紛失物) :(不吉)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.