観世音霊籤 第六十九首 中上

程嬰匿孤存趙(故事)

(詩)
冬來嶺上一枝梅:冬になり峰に一本の梅木
葉落枯枝總不摧:葉は落ちても枝は枯れず
探得陽春消息近:待ち望む春の便りは近い
依然還我作花魁:梅は他の花より先に咲く


【解】(解説)
一箭落空:一本の矢が的を得ずに落ちる
非空不空:的を得なくてもそうではない
看非景致:見るのは景色ではない
消息在中:気付きが中に存在する
此籤  :この籤を得る者は
梅花占魁之象:梅の花が一番になる状態
凡事宜早吉利:全て早い行動が利益良し


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :待時(待つ時)
婚姻(結婚)  :遲成(遅れて形を成す)
求財(金運)  :謹慎(注意深く慎重)
自身(心体状態):祈福(祈れば福あり)

家宅(家、家庭):欠利(利益に欠く)
六畜(家畜)  :(栄える)
田蠶(田畑養蚕):(栄える)
尋人(尋ね人) :(見つかる)

行人(旅、外出):(遅れる)
六甲(子供)  :秋虛春實(秋は空で春に満ちる)
山墳(先祖墓) :宜改(改めるべき)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):虛驚(大事無し)
失物(紛失物) :東方(東方にあり)
移徙(転居移転):不吉(良くない)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.