観世音霊籤 第七十五首 中

伍子胥中流得蘭槳(故事)

(詩)
宛如抱虎過山前:虎を抱え山に分け入るかの如く
戰戰兢兢膽碎寒:あまりの恐怖に慄き肝を冷やす
幸得山前逢妙手:運良く麓で熟練者に出逢るなら
方能保得一身安:初めて身の安全が保てるだろう


【解】(解説)
危險危險:安全でない即ち危険
前程阻隔:道は阻まれ塞がれる
切莫遠行:絶対に遠くへ行くな
自宜守節:自ら節操を守るべき
此籤  :この籤を得る者は
抱虎過山之象:虎を抱え山に入る状態
凡事先凶後吉:全て初め悪く後に良し


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :防滯(滞る守れ)
婚姻(結婚)  :難順(山あり谷あり)
求財(金運)  :謹慎(注意深く慎重)
自身(心体状態):提防(警戒し守れ)

家宅(家、家庭):祈保(祈れば加護あり)
六畜(家畜)  :(損する)
田蠶(田畑養蚕):五分(五割)
尋人(尋ね人) :(暗く判明せず)

行人(旅、外出):(阻まれる)
六甲(子供)  :有危(危険あり)
山墳(先祖墓) :(不吉)
訟詞(争い事) :克虧(損失克服)

疾病(健康疾病):祭虎(祈れば御利益)
失物(紛失物) :(難しい)
移徙(転居移転):(良し)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.