観世音霊籤 第八十二首 中中

呂純陽重生梓樹(故事)

(詩)
炎炎烈火焰燒天:烈火の炎が天を紅く焼き尽くす
焰裏還生一朵蓮:炎の中に一輪の蓮がまだ生きる
到底永成根不壞:結局は永遠に存在し根は腐らず
依然枝葉色新鮮:枝葉は未だ新鮮な色をしている


【解】(解説)
雖是危險:危険であったとしても
不傷其身:この身は傷が付かない
營謀用事:計画を立て実施する時
皆得貴人:恩人に逢い助けを得る
此籤  :この籤を得る者は
火中生蓮之象:渦中に冷静でいる状態
凡事先難後易:全て初め困難後に容易


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :小人(狡猾)
婚姻(結婚)  :(阻まれる)
求財(金運)  :勞力(労働)
自身(心体状態):謹防(注意深く守れ)

家宅(家、家庭):欠安(安泰に欠く)
六畜(家畜)  :(損する)
田蠶(田畑養蚕):(薄利)
尋人(尋ね人) :西方(西方にあり)

行人(旅、外出):(阻まれる)
六甲(子供)  :虛驚(驚くが何もなし)
山墳(先祖墓) :改吉(改めれば良し)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):設送(祓及び祈祷)
失物(紛失物) :南方(南方にあり)
移徙(転居移転):守舊(保守)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.