観世音霊籤 第八十七首 中平

魏武帝羊腸失路(故事)

(詩)
人行半嶺日啣山:山を半分登った所で陽が山に覆われる
峻險巉巖未可攀:山肌は険しく登攀した者は未だいない
仰望上天垂護佑:天を仰ぎ望めば加護が降りて祝福する
此身猶在太虛間:この身は未だ非現実的過ぎる所にある


【解】(解説)
剖石見玉:石を割り玉を見付ける
淘沙見金:砂を淘ぎ金を見付ける
須用著力:力を尽くし行なう必要
勞心成就:苦労すれば成功を得る
此籤  :この籤を得る者は
淘沙見金之象:砂を淘ぎ金を見付ける状態
凡事勞心有成:全ては苦労すれば成功する


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :謹防(注意深く守れ)
婚姻(結婚)  :有阻(阻むものあり)
求財(金運)  :勞心(頭を使え)
自身(心体状態):欠利(利益に欠く)

家宅(家、家庭):祈福(祈れば福あり)
六畜(家畜)  :平平(普通)
田蠶(田畑養蚕):平穩(平穏)
尋人(尋ね人) :未見(未だ見つからず)

行人(旅、外出):(遅れる)
六甲(子供)  :空虛(虚しい)
山墳(先祖墓) :(不吉)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):有阻(阻むものあり)
失物(紛失物) :(不吉)
移徙(転居移転):守舊(保守)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.