観世音霊籤 第九十八首

陶淵明三徑關門(故事)

(詩)
經商出入事遲疑:取引が相違し行動を躊躇する
恐惹閑愁與是非:暇の憂いの好悪を恐れ苛立つ
如鳥飛投羅網陷:鳥が罠の網に飛び込むが如く
相看能有幾人知:互いを見る力を幾人が知るか


【解】(解説)
禽遭羅網:鳥が罠の網に遭遇する
有理難分:意味を成すが区別難し
隨緣守舊:元の決まりを守り従う
遇貴乃成:恩人に逢えば事を成す
此籤  :この籤を得る者は
禽遭羅網之象:鳥が罠の網に遭遇する状態
凡事守舊則安:全ては保守していれば安泰


【聖意】(運勢)
交易(取引)  :損失(失う)
婚姻(結婚)  :不長(長くない)
求財(金運)  :破財(破産)
自身(心体状態):小人(狡猾)

家宅(家、家庭):憂疑(心配)
六畜(家畜)  :(損する)
田蠶(田畑養蚕):(損する)
尋人(尋ね人) :(暗く判明せず)

行人(旅、外出):困難(困難)
六甲(子供)  :刑傷(傷を受ける)
山墳(先祖墓) :(絶える)
訟詞(争い事) :(損失)

疾病(健康疾病):羅網(罠に掛かる)
失物(紛失物) :(不吉)
移徙(転居移転):勿動(動くべからず)



△ Like △・▽ Share ▽

Sorry, Right click is disabled.