台湾台北艋舺龍山寺【公式】おみくじの引き方の日本語訳


台湾台北市にある艋舺龍山寺のおみくじの引き方の日本語訳です。

擲筊 (ポエ占い) の手順は、他の寺廟でも基本的に共通です。


qian

台湾のおみくじは日本の運勢占い的な御神籤とは少し性質が異なります。

神様に尋ねたことへの答えを得る手段で、受け入れられた時にだけ賜ることができます。


以下は台北市艋舺龍山寺公式サイトによる手順です。



原文 : 艋舺龍山寺公式-求籤 (中国語)

※おみくじは寺院の前殿、正殿、後殿、全ての神様へ参拝を終えてから引いて下さい。

※おみくじは前殿 (三川殿) にあります。


おみくじの引き方

手順1 : 神様に尋ねる


(1) 一対の筊杯 (ポエ) を手に取り主神 (観音菩薩) に向かい合掌する。

(2) 姓名、生年月日、住所神様に尋ねたいことを告げる。

(3) 「答えを賜れますか」と尋ねながら筊杯を地面に落とす。

※注意:一度に付き一つの問題を尋ねます。



手順2 : 筊杯 (ポエ) で占う


手順1で地面に落とした筊杯の表裏で判断します。

平い面が、丸い面が陰を表します。


・陰

【聖筊】
神様が答えを授けるという意味。

手順3へ進む。
※聖筊は一回出れば良い。




【笑筊】
神様が笑い飛ばすという意味。
(答えを授けるかどうか決めかねている)

手順1からやり直し。
(問う内容をわかりやすくすると良い)


陰・陰

【陰筊】
神様がその質問に対して、答えを授けないという意味。



手順3 : 籤を引く


籤筒から籤を1本引き、番号を覚えて籤筒に戻す。

※籤筒から籤を全て引き抜かないでください。



手順4 : 筊杯で占う


(1) 筊杯を持ち合掌。

(2)「○○番で間違いありませんか」と尋ねながら筊杯を地面に落とす。

(3)
【聖筊】が連続して3回出たら→手順5へ進む。

・【笑筊】や【陰筊】が出た場合→籤を引き直す(手順3からやり直し)



手順5 : 答えを賜る


籤櫃の引き出しから賜った番号の籤詩を取り終了。


↓おみくじの日本語訳はこちら↓



※籤櫃には解読本があるので参考にして下さい。それでも分からない場合は解説員に尋ねる事も出来ます。(解説時間 : 午前10時から午後7時まで)

※この寺院には後殿左の関聖帝君殿に「関帝籤」もあります。仕事に関する問題がある場合は関聖帝君から答えを賜る事も出来ます。




用語解説

【筊】[Bwei]

筊杯 [Jiáo bēi] とも呼ばれる三日月型の一対の木片。紅に着色されている物が多い。平面が陽、丸面が陰を表す。地面に落とした筊杯の表裏が神様の意思を表す。【聖筊】陽と陰 (YES)、笑筊】陽と陽 (NO)、陰筊】陰と陰 (NO) 。※ポエと発音する地域もある。


【籤】[Qiān]

一から百までの番号が書かれた棒状のくじ。籤筒に入れられている。


【詩】[Shī]

神様の答えが書かれた紙。聖筊が3回連続で出た時に賜ることができる。一首から百首まであり籤櫃の引き出しに入っている。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.