Taiwanesque 台灣好好玩 PV【台湾美食編】登場台湾グルメ


『Taiwanesque 台灣好好玩 PV【台湾美食編】』に登場する全台湾グルメを紹介します。


肉圓

肉圓

肉圓 [Ba-wan] (Ròu yuán)

台湾彰化県が発祥とされる料理です。
豚肉ベースの餡を地瓜粉や太白粉などのデンプン質で包んだ物を加熱調理します。
加熱方法は低温の油に長時間浸す油泡 [Yóu pào] と、蒸して仕上げる清蒸 [Qīng zhēng] があります。

撮影地 : 真味肉圓 北投裕民
台北市北投區裕民一路3號
(+886) 9-3621-5313



水餃

水餃 [Shuǐ jiǎo]

台湾でギョウザと言ったら一般的には水餃子の事を指します。日本人の様に餃子を白飯やチャーハンと組み合わせて食べる人は見られず、餃子は主食になります。
種類が豊富でキャベツ、牛肉、海鮮、クミン味など様々なバリエーションが楽しめます。
また酢醤油ではなく烏醋 [Wū cù] に付けて食べるのが一般的です。

ちなみに焼餃子は鍋貼 [Guō tiē] と呼ばれ、日本の棒餃子と同じ包み方が多いです。

撮影地 : 台北市信義區永吉路



叉燒包

叉燒包 [Chā shāo bāo]

チャーシューを包んで蒸した饅頭です。
広東料理の流れを汲むチャーシューですが、台湾ではその味付けが日本よりも甘い事が多いです。

撮影地 : 台北市信義區永吉路



葱油餅

葱油餅 [Cōng yóu bǐng]

わかりやすく言い換えるなら「ネギ入り揚げ焼きクレープ」でしょうか。
夜市に行けば必ず屋台が出ている定番の一品です。

撮影地 : 台北市中山區 (雙城美食一條街)



麺線

麺線 [Miàn xiàn]

麺線は日本の素麺の様に糸状に伸ばして作られる麺です。白麺線と紅麺線の二種類あり、白麺線は素麺ほど乾燥させずにしんなりと仕上げた物、紅麺線は黄金色になるまでしっかり乾燥させた物を指します。

ホルモンと一緒に煮た大腸麵線 [Dà cháng miàn xiàn] や牡蠣が入った蚵仔麵線 [Hé zǐ miàn xiàn] が有名です。

撮影地 : 好記麵線
台北市大安區通化街47號 (臨江街夜市)
(+886) 2-2709-9265



炒麵

炒麵 [Chǎo miàn]

台湾の焼きそばは種類がとても豊富です。具材や味付けだけでなく麺の太さも選ぶ事が出来ます。

撮影地 : 台北市中正區 (公館商圈)



涼拌大薄片

涼拌大薄片 [Liáng bàn dà bó piàn]

大陸等からの移民が多い台湾では異国料理もたくさん味わう事が出来ます。これは南アジア伝来の料理で、豚肉の脂身をスライスして麺の様に仕上げた一品です。

撮影地 : 尚家香雲南美味麵食館
台北市中正區汀州路三段137號
(+886) 2-2368-6231



小菜

小菜 [Xiǎo cài]

主菜に添える小皿料理も台湾グルメの楽しみの一つです。メインのオーダーを通したら好きな小皿料理をセルフで選び、それをつまみながら注文した物が届くのを待つというのがローカルスタイルです。

撮影地 : 山西刀削麵館 (閉店)
台北市大安區和平東路二段118巷2號
(+886) 2-2378-7890



雞肉飯

雞肉飯 [Jī ròu fàn]

戦後進駐軍が持ち込んだ七面鳥を使った料理が始まりと言われ、台湾南部嘉義の火雞肉飯 [Huǒ jī ròu fàn] が発祥とされています。裂いた茹で鶏肉を白飯に乗せて鶏油や豚油を掛けるのが基本スタイルです。

撮影地 : 張記嘉義鶏肉飯
台北市中正區汀州路三段233號
(+886) 2-2369-8811



豬油拌飯

豬油拌飯 [Zhū yóu bàn fàn]

日本語で言い換えると「ラード混ぜご飯」でしょうか。台湾が貧しい時代に少量で空腹を満たす為に食べられていたのが発祥です。現代では魯肉飯 [Lǔ ròu fàn] の方が圧倒的に主流で、お店のメニューに見掛ける機会は非常に稀です。

撮影地 : 華美新古典麵食館
台北市大安區浦城街26巷2號
(+886) 2-2368-0986



排骨飯

排骨飯 [Pái gǔ fàn]

日本語ではパーコー飯と書かれる事が多い排骨飯は、骨付き豚の唐揚げが付け合せの野菜等と共に白飯の上に盛り付けられます。コンビニ弁当や台湾鉄道の駅弁にも採用されている台湾国民食の一つです。

撮影地 : 東道飲食亭
新北市三峽區仁愛街7號
(+886) 2-8671-5692



擔仔麵, 炒空心菜, 豬油拌飯

擔仔麵 [Dān zaǐ miàn]
炒空心菜 [Chǎo kōng xīn cài]
豬油拌飯 [Zhū yóu bàn fàn]

擔仔麵は台南が発祥で、雨季に漁へ出られない漁師が天秤棒に担いで売っていた麺がその名の由来です。もやしで増量した茹で麺に茹で汁と甘めのそぼろ肉を掛けパクチーを添えたのが基本スタイルです。

空芯菜は日本でも馴染みの食材になっていますが、台湾ではにんにくと炒めて食べられる事が多いです。

豬油拌飯は前述の通り白飯にラードを掛けただけの非常に素朴な料理なので、オリジナルの状態で提供する店は稀で、一般的なレストランでは現代的価値に見合う様にアレンジされています。

撮影地 : 府城晶華 (國立故宮博物院)
台北市士林區至善路二段221號
(+886) 2-2882-9393



排骨便當

排骨便當 [Páigǔ biàndang]

丼で提供されると排骨飯ですが、お皿に別添えで提供される場合は弁当箱に入っていなくても排骨弁当と名付けられている事が多いです。

撮影地 : 國立台灣大學
台北市大安区羅斯福路四段1号
(+886) 2-3366-3366



便當

便當 [Biàn dang]

発音は中國語に変われど日本統治時代の名前がそのまま残っている弁当です。台湾東部に位置する池上は台湾を代表する米の産地であり、池上産の米は品質が高く銘米として評価されています。

台湾の弁当は基本的に白飯が見えない様に盛り付けられていて、大概は温かい状態で売られています。

撮影地 : 池上e便當
新北市新店區中興路一段285-1號
(+886) 2-2917-0022



臭豆腐

酥炸臭豆腐 [Sū zhà chòu dòu fu]

清の時代に中国で誕生したと言われる臭豆腐ですが、台湾では比較的浅い発酵状態で食されます。蒸し臭豆腐 (清蒸), 揚げ臭豆腐 (油炸), 臭豆腐鍋 (臭臭鍋) などがあります。

撮影地 : 廟口151 全素食店
新北市深坑區深坑街151號
(+886) 2-2662-2151

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.