台湾四大伝統節句2: 清明節 [Qīng míng jié]


台湾四大伝統節句のひとつであり、春最大の節句でもある「清明節」について理解を深めるページです。

qingming

清明節とは

清明節 [Qīng míng jié] は二十四節気の清明の事で、春最大の節句です。

掃墓】[Sǎomù] : 先祖の墓を掃除する日


清明節の由来

戦国時代以前は上巳節と呼ばれる節句でした。それが戦国時代には寒食節へと変化しました。時代と共にそれらが融合され、先祖を敬い家族が団欒する日として現在に至ります。この時期が二十四節気の清明である事から清明節と呼ばれます。

台湾では閩南人、客家人、外省人、原住民など民族で掃墓の慣習が異なります。1935年に政府が民族掃墓節として清明節を祝日に制定した事で、形式上は全国一斉となりました。


清明節の習慣

・土地公を拝む

・先祖の墓参りをする。

・親族が集まり食事をする。


総括

清明節は親族一同会して先祖の墓を参る日

<豆知識>
台湾各地に今でも多くの土葬墓が残ります。墓地の不足と公衆衛生の問題から政府は2001年より火葬の推進を積極的に行い、2009年に初めて火葬率が90%を超えました。2019年には日本に次ぐ世界第2位の火葬率となりました。現在、都市によっては土葬が全面禁止され、費用の高騰と人々の意識の変化も相まり全国的にほぼ見られなくなりました。


△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.