台湾の繁体字は「台灣」と「臺灣」のどちらが正しいのか


中國語表記には「台灣」と「臺灣」の二種類が存在しています。
一体どちらが正しいのでしょうか。

taiwantaiwan

「台灣」と「臺灣」

「台」は「臺」の簡体字ではない

台湾教育部の辞典には「台」と「臺」は異体字、民間の物には「台」は「臺」の俗字と記されています。しかし、歴史を紐解けばそれぞれは別の字としての成り立ちが存在します。

漢代 (206 BC-220年) 以前の記録が書かれた古文書に「台」の字が使用されていますが、「臺」は見当たらない事から「台」の方が「臺」より先に成立したのではないかという説があります。

また漢代の辞典には「台」は喜び、「臺」は眺めの良い四角の建物という意味が記されています。そして唐 (618-907年) や宋 (960-1297年) の時代にも両字は別の意味として使われています。

これらの事から「台」と「臺」は元々異体字や俗字ではなかったと考えるのが有力で、同時に「台」は「臺」の簡体字という説も不自然になります。

ところが明 (1368-1644年) や清 (1644-1912年) の時代になると「台」は「臺」の代用として小説等に使われ始めます。そして日本が台湾を統治した時代 (1895-1945年) にも「台」と「臺」は同じ意味として混用されていました。

言語の基本原則は『約定俗成』、つまりそれは世間に広まって認識されて初めて成立するという意味です。また一度完成したら普遍的に存在する性質でもありません。新たに作り出されたり、変化したり、消滅したりします。そんな中で画数が多い文字に対し表記が単純で同音の文字があれば、より簡単な方が選択されていくのは自然なことと考えられます。


「台灣」と「臺灣」は政治的意味を持つのか

1982年,中國國民党政権は「臺」を標準字とする事を宣言し、それ以降の公文書を「臺灣」表記で統一するとしました。また2010年、同じく國民党政権時代の教育部が教育の場において、漢字の歴史と形状美の価値保存の為という名目で、未だ教科書等で慣習的に使用され続けている「台」を使用した地名等の表記などを全て「臺」に置き換えると発表し、次の年から変更されました。

しかしながら新聞・テレビなど各種メディアは今日に至っても日常的に「台灣」と表記しているのが圧倒的に多いです。さらに教育部も学生が試験の回答に「台灣」と表記しても減点はないと公言しています。

こういう曖昧な現状を見ると、『約定俗成』という基本原則が示すように、慣習的に定着している事象を一斉に変更するのは一筋縄では行かないのがわかります。

実際に「臺」を標準字と定めた中國國民党公式サイトにも未だに「台灣」表記が多く使用されていますし、國民党最大の反対政党である民主進歩党公式サイトに「臺灣」表記も散見されます。

それはつまり「台灣」と「臺灣」はそれぞれ政治的意味を持っていない事を表しています。


総括

教育の場や公文書では「臺灣」表記が使用されている

慣用的には「台湾」表記が圧倒的に多い

「台灣」と「臺灣」はどちらも正しい


<参考文献>
『台灣vs.臺灣』, 民報, 2016
『臺灣非台灣? 教部要用正字』, 自由時報, 2010

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.