台湾にはおいしい果物がたくさんあります《寶島的恩惠》


台湾バナナ、台湾マンゴー、台湾パイナップル、日本でも色々な台湾産の果物を見掛ける様になりました。果物の宝庫とも言われる台湾では日本で栽培されていないフルーツも沢山見掛けます。

國產優良品牌蔬果

品質管理基準が設けられブランド品として認定を受けている果物が16種あります。

梨、バンレイシ、柿、タンカン、ライチ、グレープフルーツ、ポンカン、メロン、パイナップル、マクワウリ、マンゴー、巨峰葡萄、レンブ、パパイヤ、ザクロ、インドナツメ

ブランド品には成熟度合い、形、大きさ、傷、鮮度、害虫の有無、糖度、重量等の基準が設けられ品質が管理されています。


バンレイシ

中國語 : 釋迦頭 [Shì jiā tóu]

日本では番茘枝 (バンレイシ) と呼ばれる事が多い様ですが、台湾では釈迦が一般的です。
白色の果肉は熟すと柔らかくなり甘みが増しますが、完熟する前はシャリシャリとした食感で、英語名 Suger Apple (シュガーアップル) の由来になっています。

*非常に傷付き易いので店頭に並んでいる商品は無闇に触らない方が良いです。個人商店では特に嫌がられますのでご注意下さい。

<食べ方>
適当にカットして種を取り除き、果肉のみを食べます。


ライチ

中國語 : 茘枝 [Lì zhī]

日本で売られているのは中国産の黑葉 [Hēi yè] という品種がほとんどです。
台湾産の玉荷包 [Yù hé bāo] は黑葉に比べて格段に甘みが強く、風味豊かで瑞々しい品種です。

*玉荷包と謳いながら黑葉が混ざった物を売り付ける輩もいるので注意が必要です。

玉荷包と黑葉は食べると全然違うのですが、外見で見分けるのは少し難しいです。前者の外殻は刺々しく少し緑がかっている部分があります。最も特徴的なのは種で、玉荷包は細長いのに対して黑葉は丸々としています。

<食べ方>
皮を剥いて実を食べ中央の種は残します。

玉荷包

マンゴー

mango
左 : 愛文芒果, 中 : 金煌芒果, 右 : 烏香芒果

中國語 : 芒果 [Máng guǒ]

日本でも手に入るようになった台湾産の愛文マンゴーですが、他にも様々な品種があります。
街を行けば土芒果と呼ばれる原産種の実がなっている光景にも出くわします。

<食べ方>
外皮に蜜が出てきたら食べ頃です。
三枚おろしの要領で中央の種部分を取り除いて食べます。


レンブ

子彈蓮霧

中國語 : 蓮霧 [Lián wù]

林檎や梨のような食感の果物です。口に入れると優しい爽やかな甘味が広がります。
大紅色, 子彈, 黑珍珠, 黑金剛など様々な品種があります。

<食べ方>
丸ごともしくは櫛切りにするなどして皮ごと食べます。
花弁と中央の綿部は好みで取り除きます。

黑珍珠蓮霧

インドナツメ

中國語 : 印度棗 [Yìn dù zǎo]

漢方に使われる赤いナツメとは別の品種です。商店に多く出回っているのは台湾で品種改良された蜜棗という種類です。

<食べ方>
アボカドの様に中央に大きな種が一つあるので、その周りを一周カットしてひねります。種を取り除いたら林檎の要領でカットします。皮はお好みで剥きます。


その他おすすめ台湾果物

ドラゴンフルーツ

hulongguo
左 : 紅肉火龍果, 右 : 白肉火龍果

中國語 : 火龍果 [Huǒ lóng guǒ]

日本で売られているドラゴンフルーツはタイ産の果肉が白いものが多いですが、果肉が赤い方が甘くて瑞々しいです。

*紅肉の色素が衣服等に付着すると落ちにくいので注意が必要です。

<食べ方>
皮を剥いて適当にカットして、種ごと食べます。


グァバ

珍珠芭樂

中國語 : 芭樂 [Bā lè]

日本ではピンクグァバジュースやゼリーなど加工品がほとんどですが、台湾では生果実が身近に手に入ります。果肉がピンクと白い種類があり、甘みが強い白肉種は生食に適しています。

<食べ方>
林檎のようにカットして、西瓜の様に種を出しながら食べます。
種を出すのが面倒でそのまま飲み込んでしまう人も多いです。


アボカド

中國語 : 酪梨 [Luò lí]

日本では熟すと黒くなるアメリカやメキシコ産が多いですが、台湾の品種は緑色で一回り大きいです。味は黒い品種に比べるとさっぱりとした印象です。

<食べ方>
種にそって一周ナイフを入れてひねります。種を取り除きスプーン等で実を取り出しカットして食べます。

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.