台湾マンゴー品種別データと特徴《台灣芒果》


台湾で栽培されているマンゴーの品種による特徴です。
台湾マンゴーとは在来種と台湾で改良された品種を指します。

台湾マンゴー

台湾マンゴー《台灣芒果》

マンゴーはインド原産の漆科の熱帯果樹で、4000年前から栽培してきたとされています。
台湾へは14世紀後半にオランダ人によって持ち込まれ台南で栽培が始まりました。

今では樹齢100年を超える果樹も存在し、台湾の代表的な農作物の一つです。
漢字では芒果 [Máng guǒ] と表記します。


主な産地

台南,屏東,高雄


主な特徴

・薫り
・糖度
・風味


品種別データ

在来種 (土芒果) [Tǔ máng guǒ]

別名 : 柴檨 [Chái shē]、土檨仔 [Tǔ shē zǐ]

糖度平均14.9°Brix,酸度0.23%,糖酸比64

1562年にポルトガルによって台湾へ持ち込まれた品種

平均重量 : 120g

生産期 : 5-6月

特徴 : 風味が強くドライフルーツやジュースなど加工品に適している。酸味が残る緑の内に収穫したものは情人果 [Qíng rén guǒ] と呼ばれる。果肉が少ないのが欠点。


懷特 [Huái tè]

別名 : 香蕉檨 [Xiāng jiāo shē]、竹葉檨 [Zhú yè shē]、白檨 [Bái shē]

糖度平均—°Brix,酸度—%,糖酸比—

1916年日本統治時代にインドから持ち込まれた品種

平均重量 : —g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が細く口当たりが良い。台湾の気候には適さない。

懷特:名前の由来は英文White種から。


黑香 [Hēi xiāng]

糖度平均15.6°Brix,酸度0.18%,糖酸比87

日本統治時代にインドから持ち込まれた品種

平均重量 : 463g

生産期 : 7月中下旬

特徴 : 成熟しても果皮が緑から変色しない。果肉は深い黄色で独特の香りを持つ。繊維が細く口当たりが良い。

黑香:名前の由来は熟しても皮の色が変化しないのと、独特の香りがする事から。


愛文 [Ài wén]

英文 : Irwin

糖度平均12-15°Brix,酸度0.21%,糖酸比57

1954年にアメリカフロリダ州より持ち込まれた品種

平均重量 : 320-500g

生産期 : 5-8月

特徴 : 果皮が赤く、果肉は黄色い。果汁が多く甘味と酸味のバランスが程良い。病気に弱いのが欠点。

愛文:名前の由来は英文名Irwin種から。


凱特 [Kǎi tè]

英文 : Keitt

別名 : 九月檨 [Jiǔ yuè shē]

糖度平均15.4°Brix,酸度0.7-1.2%,糖酸比57

1954年にアメリカフロリダ州より持ち込まれた品種

平均重量 : 680g

生産期 : 9-10月

特徴 : 一年で最も遅い時期に収穫される。果実が大きい。果肉は繊維が少なく肉質は滑らか。種子の近くは酸味が強い。

凱特:名前の由来は英文名Keittから。


海頓 [Hǎi dùn]

ハイドンマンゴー
画像 / Wikimedia

英文 : Haden

糖度平均15.4°Brix,酸度—%,糖酸比—

1954年にアメリカフロリダ州より持ち込まれた品種

平均重量 : 350g

生産期 : 5-7月

特徴 : 皮が厚く繊維が少ない。甘みが多く酸味が少ない。薫り高い。

海頓:名前の由来は英文名Hadenから。


金煌 [Jīn huáng]

糖度平均17.4°Brix,酸度0.24%,糖酸比73

1966年に高雄縣六龜鄉で栽培が開始された品種

交配 : 懷特+凱特

平均重量 : 600-2000g

生産期 : 5-7月

特徴 : 果実が大きく甘みが強い。病気に強いので農薬の使用が少ない。

金煌:名前の由来は生産者・黃金煌から。


聖心 [Shèng xīn]

センセーションマンゴー
画像 / ©行政院農業委員會

英文 : Sensation

糖度平均—°Brix,酸度—%,糖酸比—

1967年と1970年にアメリカフロリダ州から持ち込まれた品種

平均重量 : —g

生産期 : 7-8月

特徴 : 繊維が細く香りが濃い。

聖心:名前の由来は英文名Sensationから。


台農一號 [Tái nóng yī hào]

台農一号マンゴー
画像 / ©行政院農業委員會

別名 : 香水芒果 [Xiāng shuǐ máng guǒ]

糖度平均16-22°Brix,酸度–%,糖酸比–

1969年に自然交配から選抜された品種

平均重量 : 200g

生産期 : 7月

特徴 : 甘みと香りが強い。果肉が硬いので輸送に適す。水分が比較的少ないので保存が効く。

香水:名前の由来は強い香りから。


台農二號 [Tái nóng èr hào]

糖度平均17.7°Brix,酸度12.5%,糖酸比–

1969年に自然交配から選抜された品種

平均重量 : 319g

生産期 : 5-7月

特徴 : 肉質が荒く種が大きい。実が成りにくいのであまり生産されない。


金蜜 [Jīn mì]

別名 : 金蜜21 [Jīn mì èr shí yī]

糖度平均21.3°Brix,酸度0.18%,糖酸比118

1971年頃にフィリピンから持ち込まれた品種

平均重量 : 316g

生産期 : 7-8月

特徴 : 繊維質だが風味が良く薫り高い。

金蜜:名前の由来は糖度が21度以上ある事から。


玉林 [Yù lín]

糖度平均20.1°Brix,酸度0.11%,糖酸比186

1976年頃に台南縣玉井郷で発見された品種

平均重量 : 412g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が少なく甘みが強い。独特の香りを持つ。

玉林:名前の由来は玉井郷で発見された事から。


紅龍 [Hóng lóng]

別名 : 紅金煌 [Hóng jīn huáng]

糖度平均17.3°Brix,酸度0.13%,糖酸比130

1976年に高雄縣の果樹園で発見された品種

平均重量 : 467g

生産期 : 5-7月

特徴 : 繊維が細く風味が良い。爽やかな食べごたえ。

紅龍:名前の由来は果肉が淡い紅色である事から。


農民黨 [Nóng mín dǎng]

別名 : 四季檨 [Sì jì shē]

糖度平均13.8°Brix,酸度0.24%,糖酸比58

1981年頃に改良された品種

交配 : 愛文+懷特

平均重量 : 50-100g

生産期 : 11-3月

特徴 : 果汁が多く薫り高い。病気に強く室温に10日放置しても黒点が発生しない。国内では注目されなかったが6つの国際品評会で受賞した。

農民黨:名前の由来は生産者・張銘顯が農民党の主席であった事から。
四季檨:名前の由来は実を付けやすく四季を通じて収穫出来る事から。


紅凱特 [Hóng kǎi tè]

糖度平均12°Brix,酸度0.31%,糖酸比39

1986年に台南縣玉井郷で発見された品種

平均重量 : 1342g

生産期 : –月

特徴 : 果皮が赤く凱特に似た特徴を持つ。糖度が低く酸味が強い。観賞用や供物に適す。

紅凱特:名前の由来は果肉が紅色で特徴は凱特に似ている事から。


卓安南 [Zhuō ān nán]

卓安南マンゴー
画像 / Wikimedia

英文 : Chok Anan

別名 : 四季檨 [Sì jì shē]

糖度平均15-25°Brix,酸度—%,糖酸比—

1990年台にタイから持ち込まれた品種

平均重量 : 375g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が少なく果肉が滑らか。香りが濃く糖度が高い。

卓安南:名前の由来は英文名Chok Ananから。


杉林一號 [Shān lín yī hào]

杉林一号マンゴー
画像 / ©行政院農業委員會

糖度平均16.2°Brix,酸度0.18%,糖酸比90

1991年頃に高雄縣杉林郷で発見された品種

平均重量 : 672g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が細く口当たりが良い。薫り高く風味が良い。

杉林:名前の由来は杉林郷で発見された事から。


玉文六號 [Yù wén liù hào]

糖度平均15.1°Brix,酸度0.16%,糖酸比94

登録年度 : 1995年

交配 : 金煌+愛文

平均重量 : 650-1000g

生産期 : 5-7月

特徴 : 果肉の繊維が少なく滑らかで香りが強い。

玉文:名前の由来は玉井郷で栽培され、愛文交配種である事から。


金興 [Jīn xìng]

糖度平均14.4°Brix,酸度0.19%,糖酸比76

登録年度 : 1996年

交配 : 愛文+凱特

平均重量 : 1375g

生産期 : 7月

特徴 : 果実が1kgを超える。見栄えが良く贈答品に向く。果肉が滑らか。

金興:名前の由来は生産者・侯金興から。


慢愛文 [Màn ài wén]

糖度平均13°Brix,酸度0.13%,糖酸比100

1996年頃高雄縣六龜鄉の果樹園で発見された品種

平均重量 : 448g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が細く口当たりが良い。果汁が多く味が濃い。

慢愛文:名前の由来は愛文に似ている見た目と、収穫時期が遅い事から。


文心 [Wén xīn]

文心マンゴー
画像 / ©行政院農業委員會

糖度平均—°Brix,酸度—%,糖酸比—

1997年に台南縣玉井郷で発見された品種

平均重量 : 500-600g

生産期 : –月

特徴 : 糖度が高く酸味が少ない。果皮に黒点が出にくい。


金文 [Jīn wén]

糖度12°Brix,酸度0.11%,糖酸比109

1999年に台南縣南化鄉で発見された品種

平均重量 : 1134g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が細く薫り高い。


高雄三號 [Gāo xióng sān hào]

別名 : 夏雪 [Xià xuě]

糖度平均12-15°Brix,酸度—%,糖酸比—

品種登録 : 2008年

愛文の優良種KMS-8302を改良した品種

平均重量 : 400-550g

生産期 : 6-7月

特徴 : 土芒果の風味があり薫りも高い。

夏雪:名前の由来は初夏に収穫出来る事と品種改良した高雄区農業改良場の副研究員・李雪如の名にある雪の字から。


高雄四號 [Gāo xióng sì hào]

別名 : 蜜雪 [Mì xuě]

糖度平均13-17°Brix,酸度—%,糖酸比—

品種登録 : 2013年5月

愛文を天然交配した品種

平均重量 : 300-450g

生産期 : –月

特徴 : 繊維が少なく果肉が滑らか。優しい香り。

蜜雪:名前の由来は香水のような甘い香りと品種改良した高雄区農業改良場の副研究員・李雪如の名にある雪の字から。


臺中一號 [Tái zhōng yī hào]

糖度平均19-21°Brix,酸度—%,糖酸比—

品種登録 : 2014年

金煌を改良した品種

平均重量 : 600g

生産期 : –月

特徴 : 果肉が滑らかで糖度が高い。香りがとても良い。アイスなど冷たくして食べるのにも適す。


台農三號 [Tái nóng sān hào]

台農三号マンゴー
画像 / ©行政院農業委員會

別名 : 金愛E [Jīn ài E]

糖度平均17°Brix,酸度—%,糖酸比—

品種登録 : 2020年9月

交配 : 愛文(E10-1)+金煌(不詳)

平均重量 : 600-700g

生産期 : 6-7月

特徴 : 繊維が少なく果汁が多い。

金愛E:名前の由来は金煌と愛文E種の交配から。


参考資料 (外部リンク)
行政院農業委員會 / 農業主題館芒果

△ Like △・▽ Share ▽

おすすめ

Sorry, Right click is disabled.